ホーム 目の健康と肌に良い栄養素、食事、ビタミン、ミネラル
商品一覧
目の健康と肌に良い栄養素、食事、ビタミン、ミネラル
商品並び替え:

かぼちゃ、さつまいもには多くのベータカロチンが含まれています。 その他、にんじんやほうれん草にもベータカロチンが多く含まれています。 ベータカロチンは体内でビタミンAに変える成分です。 ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保ち抵抗力を高め、乾燥するのを防ぎ、潤いを与えるビタミンです。レバーと卵の黄身にビタミンAが多く含まれてます。ビタミンAはドライアイ、疲れ目や夜間の視力低下の予防に効果的です。その他にもビタミンAは、加齢黄斑変性症と白内障の予防に良い と言われています。かぼちゃに含まれるベータカロチンは中身よりも皮やわたの部分に多く含まれているので、なるべく一緒に調理して食べてください。

さんま、鮭、イワシに含まれるオメガ-3脂肪酸とDHA(ドコサヘキサエン酸)も目の健康に重要な栄養素です。 研究の結果、イワシやさんまなどに含まれるオメガ-3脂肪酸が網膜血管に影響する疾病を予防するという事が分かりました。オメガ-3脂肪酸を多く含む食事をすれば、加齢黄斑変性症、糖尿病性網膜症などの網膜の病気の進行を遅らせ予防に役立ちます。DHAは、網膜を構成する重要な栄養素です。その他DHAは、脳や神経組織の発育や機能の維持において重要な働きをすることが知られています。DHAの不足は目や視神経の疲労の原因となります。DHAは記憶力の低下を抑える働きもあります。

さんま、イワシ、かぼちゃの種には亜鉛も多く含まれています。その他カキ(貝)やほうれん草にも多く亜鉛が含まれています。目の網膜には最も亜鉛が多く含まれています。亜鉛は血液中のビタミンAの量を正常に保ち、肝臓に蓄えられているビタミンAを利用するのに欠かせないミネラルです。ビタミンAを十分に摂っていても、亜鉛が不足していると視力の回復力が低下します。亜鉛以外にマグネシウムやカルシウムも目に重要な栄養素です。身体がカルシウム不足になると眼球が正常な形を維持出来なくなり変形し、屈折異常や眼精疲労などの原因になります。また、カルシウムは眼球を保護する強膜の機能をサポートする働きもあります。マグネシウムが不足すると目の違和感やまぶたの痙攣を起こします。ブロッコリ、ほうれん草にはマグネシウムとカルシウムの両方が多く含まれています。

ビタミンB群は不足してしまうと疲れ目や目の充血を引き起こしてしまいます。また、目の老化防止のために欠かせない栄養素です。ビタミンB1はエネルギー代謝を促し、タンパク質の吸収に働くB6、B2やB12が新陳代謝や粘膜保護に働き、目の充血を防ぎ疲れ目の回復に役立ちます。うなぎに多く含まれる、ビタミンB2は細胞の再生や成長を促進し、体の粘膜を保護してくれます。ビタミンB2が不足すると角膜炎などの原因となるおそれがあります。

さつまいも、オレンジ、イチゴ、キウイに多く含まれるビタミンCは水晶体の透明度を保ち、細菌や赤外線から目を守り、疲れ目をリフレッシュさせる働きがあります。眼球の硝子体はコラーゲンでできていてビタミンCはコラーゲンの合成に不可欠な成分で、加齢性白内障の予防と目の老化防止効果があります。さつまいもにはビタミンEも含まれています。さつまいも、アボカド、ナッツ等に含まれるビタミンEは老化を防ぎ、若さを保つ効果があります。体を活性化する働きと目に活力を与えてくれます。老化が原因の白内障の進行がビタミンEによって抑えられることが研究でわかりました。 ドライアイ、疲れ目、老眼が気になる方はビタミンEの補給が必要です。

ブドウの皮と種にはアントシアニンという抗酸化作用を持つ物質が多く含まれています。その他アントシアニンは、ブルーベリー、ビルべリー、カシス、紫イモ、赤シソ、赤ワインなどに多く含まれています。赤ワインは、ブドウの皮と種を一緒に醸造して作るのでアントシアニンが多く含まれています。赤シソに含まれ抗酸化力の強いアントシアニンは、体内への吸収率が非常に高いとされています。アントシアニンは抗酸化と、ロドプシン(光受容体)の再合成 の働きがあります。アントシアニンは、暗いところで働く細胞の光感度を上げる働きがあり、視力回復の効果が認められています。その他、目の疲労回復が早まる事と目の下のクマの解消に良いと知られています。

ほうれん草、ケール、ブロッコリー、とうもろこし、キャベツ、レタス、アボカド、などの緑黄色野菜に多く含まれまる色素成分、ルテインも目の健康に重要です。ルテインはカロテノイドの一種で抗酸化作用が強く、網膜を紫外線や活性酸素から守っています。ルテインに含まれている色素成分は水晶体の透明度を回復させる効果があることが研究の結果分かってきました。白内障などレンズの役割を果たしている水晶体が濁ることによって視力が低下する病気の予防に役立ちます。 ルテインは体内で合成できないため、食事から補給する必要があります。

さんま、サザエ、イカやタコに多く含まれるタウリンは含硫アミンの一種で、角膜の新陳代謝を促します。タウリンは角膜の修復を早めて活性化させる働きがあります。 網膜には多くのタウリンが含まれており網膜の正常な機能維持にも必要な成分です。網膜に広く分布する光受容細胞の働きを高める効果があり、視力低下を防ぐ栄養素です。その他タウリンには疲労のもと、乳酸の蓄積を抑える働きもあるので、疲労回復の効果もあります。タウリンは目薬の成分に含まれ利用されています。

パソコンや読書を長時間される方、細かい手作業や目に負担のかかる仕事をされる方は適度に休憩を取り目を休ませてください。目の疲れから頭痛や肩こりに進展するので目の健康が重要です。目の老化、病気を防ぐためにも定期的に目の検査が必要です。眼科医に相談し、目薬を使用してドライアイを防いでください。さつまいも、かぼちゃ、さんま、鮭など秋が旬の食材をたくさん食べ、目の疲労防止と回復、目の病気の予防をしてください。

登録アイテム数: 0件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  説明付き一覧    写真のみ一覧